相互リンク歓迎!
(※もうすぐ定員間近! 今が最後のチャンス!!)

しづか
相互リンク募集中! 作りたてのサイトやアクセスの少ないサイトでも気にせずどうぞ!

コラム

女性らしい立ち振る舞い、歩き方、仕草をマスターして女装のパス度を上げよう!

投稿日:

服を着る。ただそれだけが、女装じゃない。


女装を始めたばかりの頃は、とかく「どんな服を着ればいいのか」「どういったメイク道具を使ってメイクをしていけばいいのか」というような、外見を女性に近づけるための努力ばかりに傾倒しがちです。

もちろん女装というのは、文字通り女性用の衣服や装飾品を身につける行為ですので、外見を女性に近づける努力それ自体は全く間違いではありません。

しかし、外見のレベルだけを上げていこうとすると、いずれ壁にぶつかります。

それは第三者から女性であると認識される度合いを示す「パス度」が上がらなくなる、という壁です。

しづか
完全に女性に見える、パス度100%の状態を「完パス」と言ったりするよ

では何故、外見のレベルを上げていくだけではパス度が途中から上がらなくなるのでしょうか。

その答えは単純で、外見だけを磨いているだけでは女性として認識されるのに重要な「女性らしい仕草」が身につかないからなのです。

今回はその女性らしい仕草とは具体的にはどのようなものなのか、歩き方や座り方などシチュエーション別で解説をしていきますので、パス度を上げたいならぜひチェックしてみてください。

[歩き方編]女子力アップ! 誰もが憧れる女性らしい美しい歩き方はこれだ!!

女装をしながら街中など人が多いところへ出かけることが多い人にとって、歩き方の仕草というのはパス度上げるためには非常に重要となります。

なぜなら男性と女性のそれぞれの歩き方の特徴が大きく違うため、男性の歩き方のままだと完璧な女装をしていてもすぐにバレてしまうことが多くなるからです。

では女性らしい歩き方のポイントというのはどのようなものがあるのかというと、重要なものは以下の3つに分けることができます。

ポイント

1.肩を回すのではなく、骨盤を回すように歩く
2.膝は曲げた状態ではなく、なるべく伸ばした状態で歩く
3.一直線上を歩くように意識する

それでは早速これからそれぞれのポイントについてより詳しく解説をしていきましょう。

1.肩ではなく、骨盤を回すように歩くと柔らかい印象に

「肩で風を切って歩く」という言葉がありますが、男性はまさにその言葉通り、肩を中心にして、肩を回すように歩く傾向にあります。

そのため女装している時に肩を回すように歩いていると男性のイメージが全面に出てしまって、違和感が出てしまうのです。

ではどのような仕草で歩けば女性らしさが出るかというと、肩ではなく骨盤を回すように歩くと全体的に柔らかさが出て女性らしく見えるようになります。

実際、女性らしさを仕事にしているモデルの人達は骨盤・腰を使って歩くようにしているほどです。

ちなみに肩ではなく骨盤を回すように歩くと、骨盤の周りのインナーマッスルがよく動くようになって自然と鍛えられていきます。

あやは
くびれもほしいナー!

そしてその結果、腰回りが引き締まったり、無駄な力を使わずに歩けるようになって疲れにくくなるなどのメリットも得られるようになるとよく言われているのです。

このように骨盤を回す歩くことで様々なメリットを得ることができますので、歩いている時の女装のパス度を上げたい時には、まずは骨盤を意識してみることから始めてみると良いでしょう。

2.膝は曲げた状態ではなく、伸ばした状態で歩くのも効果的

日本人は農耕民族であることや和服を着ていたことが理由で、男女関係なく昔から膝が大きく曲がった状態で歩いてしまう傾向にあると言われています。

しかし、膝が曲がった状態で歩くと、自然と猫背になったり、歩幅が小さくなってしまったりして美しさから遠ざかってしまうのです。

実際、日本人の膝を曲げた歩き方というのは世界で一番汚いとも言われているほどなので、女性らしさを出したい場合には絶対にしてはいけません。

ではどうすればいいのかというと、答えは単純で膝を曲げないでなるべく伸ばした状態で歩けば良いのです。

しづか
スタイルも良く見えるよ

小さな仕草の変化ですが、これだけでも歩く動作から女性らしい美しさを感じられるようになります。

ただ、膝をなるべく伸ばした状態で歩く時には注意したいポイントがあります。

それは膝をピンと伸ばし過ぎた状態で歩かない、ということです。

確かに膝を伸ばして歩くことは女性らしさを出すためには重要ですが、それを意識しすぎて完全にピンと伸ばした状態で歩くと機械のような動きになってしまいます。

そのため歩く時には完全に膝が伸びきってしまう手前くらいまでで止めておくようしましょう。

3.一直線上を歩くように意識すると女性らしさが出る

歩く際に足を置く位置をなるべく一直線にすることも女性らしい仕草になります。

なぜなら一直線上に足を置くように歩くことで、足の全体的に長く綺麗に見えるようになり、女性の持つ美しさを感じられるようになるからです。

また一直線上を歩くようにすると一番最初にご紹介した骨盤を回すような歩き方にもなりやすいので、そういった理由からも一直線上に歩くのはお勧めです。

ちなみに綱渡りをしているようなイメージで歩くと、自然と一直線上を綺麗に歩けるようになると言われているので、ぜひ歩く際の参考にしてください。

[座り方編]ここで差がつく! 美しく見える座り方

座り方の仕草というのも、女装をした上でより女性らしさを出すためには歩き方と同じくらい重要なものとなります。

では女性らしさを出すための座り方にはどのようなポイントがあるのかというと、大きくは以下の2つに分けることができます。

ポイント

1.膝とかかとを閉じ、斜めに流して座る
2.上体をしっかりと直線に伸ばした状態を維持する

それではこれからそれぞれのポイントについて詳しく解説していきますので、女装する際に座ることが多い方はしっかりとチェックしておきましょう。

1.膝とかかとを閉じ、斜めに流して座ると足が綺麗に見える

座る際に女性らしさを出すための仕草の1つ目のポイントは、膝とかかとをしっかりと閉じるということです。

男性の場合は自然と膝とかかとを開いたままで座ることが多いので、女装している時に同じように膝などを開けているとそこから男性のイメージが全面に出てしまうことになります。

ですので、それを防ぐために膝とかかとをしっかりと閉じる必要があるのです。

あやは
ぎくっ!
しづか
あやははいつも大股開きだよね……

また膝とかかとを閉じた状態で座る時には、意識したいことが1つあります。

それは膝から下の部分を左右のどちらかに流しておく、ということです。

なぜかというと膝を閉じた状態で斜めに流しておくと足がすっきりと長く見えるようになり、より女性らしくなるからです。

なので、女装をして座る時には膝やかかとを閉じるだけでなく、どちらか一方に流すことを忘れないようにしましょう。

2.上体をちゃんと直線に伸ばして維持すると、美しさが増す

座る際に、横から見て耳と肩と骨盤が一直線の状態にしたままにしておく、というのも女性らしい仕草の大事なポイントの1つになります。

なぜなら上体を真っ直ぐの状態に維持することで、体全体が上下に引き伸ばされて細く、美しく見えるようになるからです。

あやは
ぴーーーんっ!(背筋を伸ばす)
しづか
(さあ何秒持つかな?)

ちなみに男性に限らず女性であっても、上体を曲げてしまって綺麗さを最大限に引き出すことができていない人が多くいます。

それくらい上体を真っ直ぐに座るというのは意識をすることが難しい仕草なのです。

しかしこの仕草が正しく行えていれば、一般的な女性よりも美しく見える可能性が高まるので、パス度を出来るだけ上げたいならぜひ普段から意識してみてください。

[立ち方編]立ち方一つで印象が変わる!? 身に付けておきたい美しい姿勢

それでは最後に女装をして、真っ直ぐ立つ状態でより女性らしさを出すための仕草さのポイントについてご紹介します。

真っ直ぐ立つだけでは女性らしさを出せないのではないかと思えるかもしれませんが、実はポイントを抑えて立つだけでも女性らしい印象を強めることができるのです。

ちなみに立ち方におけるポイントは大きく分けて以下の2つになります。

ポイント

1.足先から頭まで垂直につなげる意識で立つ
2.足先の角度を左右で変えて立つ

それでは早速これからそれぞれのポイントについて、より詳しく解説していましょう。

1.足先から頭まで垂直に繋げる意識で立つとエレガントに見える

立つだけで女性らしさを出し、パス度上げるためのポイントの1つは、足先から頭までを垂直につなげる意識で立つということになります。

何故これがポイントになるのかというと、足先から頭までが垂直になっていない姿勢だとだらしなく老けて見えたり、スタイルが悪くなって女性らしさから遠ざかってしまうからです。

反対に言えば足先から頭まで垂直につなげる意識で立つことで、スタイルが良く綺麗に、そしてエレガントに見えるようになるのです。

また身体を一直線にした綺麗な立ち方には、体中の血行は良くなりシェイプアップ効果も得られるメリットもあります。

ですので、立ち姿でパス度を上げたい方は姿勢だけでなくスタイルを良くするためにも真っ直ぐする意識も持つことから始めてみると良いでしょう。

2.足先の角度を左右で変えると痩せて見えるようになる

女性らしさを出すためには体を真っすぐにするというのも大事ですが、それと同じぐらい重要なのが足先の角度を左右で変えるということになります。

なぜかというと足先の向きを左右で若干変えて、かかとを揃えて立つことで体のラインが綺麗になり、痩せて見えるようになるからです。

具体的には足先は左右で60度くらい開いて、かかとは揃えて立つと良いと言われています。

また足先の角度を変えた状態で、先ほどご紹介したかかとから頭を一直線に繋げるようにするとより効果的です。

ただし、この2つのポイントを意識して立つのは簡単なように見えて、案外難しいとも言われています。

ですので、できれば女装して外出する前にある程度の時間をとって鏡の前で練習してみることをお勧めいたします。

女性らしい仕草を極めて、パス度をより高くしましょう!

さて、今回の記事ではここまで歩き方や座り方などのシチュエーション別で女性らしさを出すためのしぐさのポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

最初にも触れた通り、女装のパス度を高めるためには外見だけでなく、女性らしい仕草というのも非常に大事です。

ですので、これまで女装の外見だけしか磨いてこなかったという方はぜひこれを機に女性らしい仕草を極めて、女装のレベルをより高くしてもらいたいと思います。

あやは
れっつトライ!
しづか
おまえもな!

関連コンテンツ

-コラム

Copyright© 女装を初めてするキミへ――『女装男子部!』 , 2018 All Rights Reserved.