相互リンク歓迎!
(※もうすぐ定員間近! 今が最後のチャンス!!)

しづか
相互リンク募集中! 作りたてのサイトやアクセスの少ないサイトでも気にせずどうぞ!

メイク

ファンデーションがうまくできない! そんなあなたへ種類・付け方・選び方全部教えます!

更新日:

女装のメイクアップでは、まずベースメイク(※化粧下地からファンデーションまでのこと)を完成させることが基本です。その中でも重要なのが、ファンデーション。

これを正しい方法で使うことで、素肌を何倍もキレイに見せることができます。

あやは
化粧といえば、ファンデーション!
しづか
素肌がある程度キレイなら、下地とファンデだけで顔のメイクを終わらせてしまう人もいるほど

この記事では、ファンデーションのより効果的な付け方や種類などを細かくご説明いたします。

 

1|ファンデーションとは何か

ファンデーションというのは、顔全体に塗る化粧品のことで、シミやソバカス、小じわや毛穴などを隠してキレイに見せてくれる働きがあるものです。

メイクの基本のプロセスでもあります。様々な種類のファンデーションがありますが、基本的に濃い肌色をしています。

自分の肌に合ったファンデーションを選ぶことで、コンプレックスをしっかり隠して、素肌より華やかな印象にすることができます。

2|なぜファンデーションは必要なのか

ファンデーションは、シミやしわ、毛穴などの肌の欠点をカバーする能力が高いです。

もちろん、素肌がキレイであればそれが一番良いのですが、ファンデーションを使うことで、肌をよりキメ細かく上品に見せることができます。

ファンデーションに含まれている細かい粒子、美容成分の効果で、元の肌よりさらにツヤをプラスし、肌の凸凹を滑らかにする効果があるのです。

ファンデーションのケースには鏡も付いていることが多く、外出する時もファンデーションを持ち歩くのが一般的です。汗で乱れたメイクにファンデーションを付け直す、目元のメイクをちょっと直すなど、便利に使うことができます。

3|ファンデーションのタイプと選び方

ファンデーションには、たくさんの種類があります。それぞれのファンデーションのテクスチャーは、種類によってかなり違っています。

人それぞれ使いやすいと感じるタイプがあるので、自分に合っていると思うものを選ぶのがオススメです。ここではたくさんあるファンデーションの種類の中でも、特にポピュラーなものをご紹介します。

3-1.パウダーファンデーション

もっとも塗るのが簡単で、カバー力もあるパウダーファンデーションは、初めて女装をする人、メイク初心者にオススメです。

なんといってもパウダーファンデーションは、スポンジを使って肌の上にすべらせるだけなので、手軽で簡単です。コンパクトのような鏡のついたケースに入っていて、外出先でも手軽に塗り直しができます。

ごく自然な仕上がりになり、他の種類のファンデーションに比べると薄づきになります。そのため、濃いシミをしっかり隠したい、と思っている人には向かないかもしれません。ナチュラルな仕上がり、自然な女装を目指す人にオススメです。

3-2.リキッドファンデーション

カバー力がもっとも高いのが、リキッドファンデーションです。リキッドという名前の通り、液体状のファンデーションになります。とろりとしたテクスチャーの液体が、小さなボトル、またはポンプ状の入れ物に入っていることが多いです。

液体の肌色のファンデーションは伸びやすく、肌に塗りやすいように作られています。肌の凸凹、シミ、ソバカスなど、コンプレックスをしっかり隠したい!と思う時には、リキッドファンデーションが向いています。

ただ、塗り方によってはベタッとした感じになってしまい、厚化粧の印象を与えてしまうことになる場合もあります。

付けすぎに気をつけながら、少しずつ塗るのが良いでしょう。カバー力が高い分、肌へのダメージがあること、クレンジングをしっかりと行うことが必要、という点がデメリットです。

3-3.クリームファンデーション

クリームファンデーションは、ファンデーションの中でも油性成分が多いファンデーションです。

保湿効果が高いため、乾燥肌で常にカサカサとしているような人にオススメです。また、リキッドファンデーションと同様、とてもカバー力があるので、シミやしわ、肌の凸凹を隠すのにも効果的です。

特にしわが気になる人は、クリームファンデーションを使うことでしっとりと仕上げることができるので、うまくしわを目立たなくすることが可能です。

保湿効果の高いクリームファンデーションですが、肌質によって合う合わないがあり、場合によってはかえって乾燥しやすくなってしまうこともあります。また、クリームタイプなので塗る時に色ムラになりやすいのが難点です。

3-4.エマルジョンファンデーション

エマルジョンファンデーションというのは、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの中間のようなタイプになります。

クリームファンデーションに近い効果がありますが、見た目はパウダーファンデーションのようなケースに入っている場合が多く、とても使いやすいです。

エマルジョンファンデーションには、保湿成分、美容成分が配合されており、高いカバー力を持ちながら、肌に良い効果を与えるよう工夫されています。

しっとりとツヤ感のある肌を長時間キープすることに優れており、乾燥肌の人にもオススメです。ただ、クリームファンデーションと同じく、肌への密着度が高いため、クレンジングはしっかりと行うことが必要です。

4|ファンデーションを付けるタイミング

ファンデーションを付けるのは、化粧下地の後です。スキンケアが終わり、肌に化粧下地を付けたら、その後がファンデーションです。

ファンデーションは色々と種類がありますが、どのファンデーションを選んでも、付けるタイミングは同じです。

化粧下地が肌になじんだと思ったら、あまり時間を空けずにファンデーションを付けましょう。

5|ファンデーションの付け方

それでは、種類ごとのファンデーションの塗り方を紹介しましょう。

5-1.パウダーファンデーションの場合

パウダーファンデーションには、スポンジ(パフと呼ばれることもある)を使います。

  Step1.ファンデーションを塗る

スポンジはたいてい、パウダーファンデーションのケースに付属で付いているので、それを使いましょう。まずはスポンジでパウダーファンデーションを適量とり(スポンジの4分の1くらい)、それを頰、おでこ、鼻、あごの順番で、顔の中心から外に向かって塗っていきます。

この時こするのは厳禁です。優しく、撫でるように塗っていきましょう。足りなくなったらスポンジで、パウダーファンデーションをもう一度とり、さらに顔に塗ります。

カバーされたと思ったらファンデーションはそれ以上取らずに、スポンジに残ったファンデーションで目元や首との境目を軽く押さえていきましょう。特に目元、口元はメイク崩れを起こしやすいので、塗りすぎてはいけません。

  Step2.各パーツに馴染ませる

最後にスポンジに残っているファンデーションで軽く押さえてなじませましょう。パウダーファンデーションは基本的に薄づきなので、少しずつ塗っていくことでナチュラルメイクに仕上げることができます。

5-2.リキッドファンデーションの場合

リキッドファンデーションは、手で付けても、スポンジで付けてもどちらでも良いです。スポンジには「リキッド用」と書かれた専用のものが売っているので、それをチョイスしましょう。手でもスポンジでも、こすらず優しく付けることがポイントです。

まずは手の甲にファンデーションをパール(真珠)大出して、なじませます。手の甲をパレットのようにして、スポンジまたは中指と薬指を使って、少しずつとりながら付けていきます。

頰、おでこ、鼻、あごの順番で、リキッドファンデーションをなじませていきます。カバー力があるので、付けすぎないように気をつけましょう。ポンポン、と優しくなじませていく感じです。

メイクが崩れやすい目元は、スポンジに残ったファンデーションを、優しく押さえるようにして付けると良いです。最後に顔と首の境目である、フェイスラインをぼかしてなじませていきましょう。

5-3.クリームファンデーションの場合

クリームファンデーションもリキッドと同様、スポンジと手、どちらでも付けることができます。優しくなじませていくのがポイントです。

リキッドに比べて伸びにくい場合がありますが、焦らず少しずつなじませていき、こすらないよう気をつけましょう。

5-4.エマルジョンファンデーションの場合

エマルジョンファンデーションは、保湿成分がたっぷり入っていますが、基本的に付け方はパウダーファンデーションと同じです。

専用のケースにスポンジとセットで付いていることがほとんどなので、そのスポンジでファンデーションを付けていきましょう。

6|ファンデーションを付ける時の注意点

肌のコンプレックスをうまく隠してくれるファンデーションですが、付けすぎると肌への負担が大きくなってしまいます。

ファンデーションは塗っているうちに、つい塗りすぎてしまいますが、そうすると、いかにも厚化粧といった印象を与えてしまいます。ファンデーションは油分でできているため、厚塗りすることによって皮膚呼吸ができなくなり、毛穴が詰まってニキビなどの原因にもなるのです。

また、メイク崩れを起こしやすい目元、口元というのは、そんなにファンデーションを付けなくても良い場所です。

スポンジに残ったファンデーションで、ちょこっと押さえる程度で十分。ファンデーションを塗る時は、あくまで素肌感を残すように心がけることで、ナチュラル感がアップするのです。

7|女装メイクに最適なファンデーションを教えて!

女装メイクを成功させるために大切なのは「ナチュラル風に見える厚化粧」をすること。
男の骨格でコテコテのメイクを施してしまうと、いろいろとクドすぎる濃い顔になってしまいます。それだと良くて劇役者風、ひどいと漫画に出てくるような近づきがたいオカマの見た目にしかなりません。(野太い声で「いやぁ~ん、やだぁ~~」とか言う感じの、アノ……)

かといって、ホンモノの女性とは元々の骨格も肌質も違うため、本当に薄化粧にしてしまっては女性に見えません。だから、「一見自然に見えるけども、実は結構厚化粧」というメイクをマスターする必要があるのです。
(※ここはかなり重要なポイントになりますので、これから先の別の記事でも何度か説明することがあります)

そのために最適なファンデーションが、【ミネラルエアー】

約30μmという超・微粒子状のファンデーションを専用の機械を通して肌に吹き付けることによって、人間の手では不可能なレベルで自然にメイクを施してくれます。

しかも、うれしいのはそれだけではありません。

メイクするときにやることと言えば、機械のボタンを押すだけ。初心者だとファンデーションは塗るのが難しく、どうしてもムラが出てしまい変なメイクになってしまいがちですが、【ミネラルエアー】ならばただボタンを押すだけでプロの仕上がりにできちゃうのです。

そしてそして!

この【ミネラルエアー】、なんと美容液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーそれぞれの役目をすべて果たすので、これ1つあれば美容液も日焼け止めも化粧下地もファンデーションもコンシーラーも要りません。

要らないということはその分だけお金が浮くということですし、それだけ手間が省けるということでもあります。

ベースメイクの完了まで、約10秒で終わるのも、メイクになれた人ならばそのありがたさがよくわかりますよね。
(ふつうの女性の朝は、ほんと大変なんですよ……。化けるのに何十分もかかりますから)

女装初心者には間違いなくコレがおすすめですので、ぜひとも試してみてください。



→ 【ミネラルエアー】微粒子エアーがもたらす感動のカバー力

 

-メイク

Copyright© 女装を初めてするキミへ――『女装男子部!』 , 2018 All Rights Reserved.