メイク

チークをかわいく簡単に入れるには。【入れ方・使い方を徹底解説!】

更新日:

1|チークってなに?

チークというのは、頰に色味を入れるメイクのことです。

ピンクやオレンジなどの色を乗せることで、血色のよい健康的な印象になり、ふんわりとした女性らしく仕上がります。

また、顔にメリハリが出て立体感が増すので小顔効果もあり、小さなそばかすやシミを目立たなくする効果もあります。

2|チークの種類

2-1.パウダータイプ

パウダータイプのチークは、サラサラとした粉をコンパクトの中に固めてあるタイプです。

チークブラシという専用のブラシを使って入れるので、ふんわりと自然な印象に仕上げることができます。濃い色、薄い色の調節がしやすく、ムラもできにくいです。

パウダータイプのチークは、ファンデーションやフェイスパウダーの上から乗せて使います。初心者でも使いやすく、失敗しにくいと言えるでしょう。

↑パウダータイプのチークで人気・売れ筋商品! 迷ったら↑がおすすめ!

 

2-2.クリームタイプ

クリームタイプのチークは、別名「練りチーク」と呼ばれることもあります。

名前の通りクリーム状になったチークが小さなボトルや缶、透明なコンパクトなどに入っています。クリームタイプは指でポンポンと、肌に直接入れていくのが一般的です。

ツヤ感、うるおいを与えたい時に使います。リキッドファンデーションやBBクリームの後に使うのが一般的で、指でなじませながら色を調節していきます。内側から血色が良いように見せることができます。

↑クリームタイプのチークで人気・売れ筋商品! 迷ったら↑がおすすめ!

 

3|色の選び方

チークは色選びを間違えると必ず失敗してしまうので、注意が必要です。

自分の肌色に合ったものを使わないとチークの色だけが浮き上がり、不自然な印象になってしまうのです。あなたの肌色のタイプに合わせた、色選びをしてくださいね。

3-1.イエローベースの人

一般的な日本人に多いのが、イエローベースの肌色です。手の内側の血管を見て、緑色だったらイエローベースと判断しましょう。
イエローベースの人におすすめの色味を下記に紹介します。

・コーラル系

コーラルというのは、珊瑚の色からきています。オレンジとピンクの中間のような色で、似合う人が多いのでおすすめの色です。肌をキレイに見せてくれる効果もあります。

・オレンジ系

オレンジのチークは元気な印象を与えます。色黒の人、日焼けした肌によく似合う色です。暗いオレンジ色を選ぶと肌がくすんで見えてしまうので、明るく発色の良いオレンジを選ぶのがポイントです。

3-2.ブルーベースの人

手の内側の血管の色が、青色、もしくは赤紫色の人はブルーベースの肌色です。
ブルーベースの人におすすめの色味を下記に紹介します。

・ピンク系

青白い肌の人はピンク系のチークを入れることによって、健康的で優しい印象を与えます。ファンデーションで色白の肌に仕上げた時、その白さをさらに際立たせる効果もあります。

・レッド系

顔色を華やかにできるレッド系は、あまり血色が良くない人にオススメの色です。大人っぽく魅力的な印象になりますが、付けすぎると肌の赤みのように見えてしまうので注意しましょう。

4|基本的なチークの入れ方

チーク初心者は、パウダーチークを使うのがオススメです。パウダーチークの正しい入れ方をご紹介いたします。

Step1.

パウダーチークには専用のチークブラシが必須です。

パウダーチークを購入した時、小さなブラシが付属で付いていることもありますが、一般的なサイズのチークブラシを一本持つことをおすすめします。

Step2.

まずはチークブラシを利き手で持ち、パウダーチークをなでるようにしてとります。ブラシの先に、ふんわりと色がつく感じです。

Step3.

チークブラシには、見た目以上にパウダーチークがしっかりと付いているものです。頰に乗せる前にまずは手の甲に軽くポンポン、と乗せてみましょう。

色味が確認できるとともに、チークのつけすぎを防ぐ効果があります。

Step4.

チークブラシを横にして、頰の中心から耳の付け根に向かってなでるように優しく塗ります。

ブラシの側面を使って優しくつけることによって、ムラなく発色させる効果があります。

Step5.

チークの発色を抑えたい、ほんの少しだけつけたい、という人は顔の外側から内側に向かってブラシをなでつけましょう。

頰の中心というのは、目の黒目の位置から真下の部分を目安にします。それより内側にチークを入れると、肌の赤みに見えてしまうので注意しましょう。

5|よくある失敗例

チークの失敗といえば、塗りすぎてしまい「おてもやん」のように頰だけが赤く目立ってしまうことです。チークを塗ってみると分かるのですが、鏡を見ながら付けている時は、チークの色みが見えにくいことも多いです。

そのため「もっと塗ろう」と重ねづけしてしまい、最終的に塗りすぎてしまうのです。べたっとブラシを頰にこすり付けるのも、塗りすぎの原因になります。さらっとひとなでするだけにして、重ねづけはなるべくやめましょう。

6|うまく入れるコツ

初心者の場合、大きめのチークブラシを購入するのがオススメです。大きめのブラシを使うことで全体的にムラの少ない自然な印象に仕上げることができ、部分的な付けすぎも防いでくれます。

うまく入れるには、頰で一番高い部分を見つけ、そこにピンポイントでブラシを入れることです。べたっと塗りつけるのではなく、ふわっと優しく、なでるようにブラシを動かすのがポイントです。

7|おすすめのチークはどれ?

おすすめしたいのは、自然な発色で使い勝手もいいキャンメイクのアプリコットフルール

汎用性の高いカラーなので、初心者の間はもちろん上級者になってからも日常的に使えるのがオススメポイント。ぜひとも使ってみてくださいね。

 


女装のやり方をすべて教えます!

女装のやり方

女装のやり方を1つの記事にまとめました!

女装初心者の方、やってみたけどうまく行かない方は参考にしてくださいね。

女装の始め方を見に行く

 

関連コンテンツ

 


ほかの記事も読む?

-メイク

Copyright© 女装を初めてするキミへ――『女装男子部!』 , 2018 All Rights Reserved.