相互リンク歓迎!
(※もうすぐ定員間近! 今が最後のチャンス!!)

しづか
相互リンク募集中! 作りたてのサイトやアクセスの少ないサイトでも気にせずどうぞ!

アイメイク

アイラインとは? アイライナーが難しくてうまくできない初心者に引き方・選び方教えます

更新日:

1|アイラインってなに?

アイラインは、目のキワにアイライナーで線を引いて目をパッチリとさせてみせるメイク法のことです。

そしてアイライナーというのは、目の周りにラインを引くメイク道具のこと。

アイラインを引くことで、目の形をスッキリとさせ、大きく際立たせる効果があるのです。

2|アイライナーの種類

アイライナーにはそれぞれ黒色、茶色とカラーバリエーションがあります。黒はよりハッキリとラインを描きたい時、茶色は優しい印象にしたい時に使いましょう。

また、アイラインを描くための道具にも様々な種類があります。下記に紹介いたします。

2-1.リキッドアイライナー

リキッドタイプのアイライナーは、液体状になっています。先が筆のようになっているもの、筆ペンのようになっているものがあります。

アイラインを細く描く、太く描くと使い分けられるように、筆の先の部分は柔らかくコシがあります。

↑リキッドタイプのアイライナーで人気・売れ筋商品! 迷ったら↑がおすすめ!

 

2-2.ペンシルアイライナー

ペンシルタイプのアイライナーは、名前の通り鉛筆のような形をしています。

鉛筆のような形のもの、繰り出しタイプのものがあります。ペンシルタイプのアイライナーは柔らかく描きやすいので、初心者におすすめです。

もし失敗しても綿棒などを使ってボカすことができ、失敗しにくいと言えるでしょう。

↑ペンシルタイプのアイライナーで人気・売れ筋商品! 迷ったら↑がおすすめ!

 

2-3.ジェルアイライナー

ジェルタイプのアイライナーは、絵の具のように小さなボトルに入っており、筆にとって描くタイプです。

液体と固体の中間のような柔らかさなので、スルスルと描きやすいのが特徴ですが、初心者は失敗しやすいのでおすすめできません。

↑ジェルタイプのアイライナーで人気・売れ筋商品! 迷ったら↑がおすすめ!

 

2-4.パウダーアイライナー

パウダータイプのアイライナーは、ちょっと濃いアイシャドウのような感じです。

粉状になっているものを、先端の尖ったスポンジのついた専用のメイク道具でラインを引きます。

柔らかくボカした印象の線を引くことができますが、これだけでアイライナーとしては少し物足りないでしょう。

↑パウダータイプのアイライナーで人気・売れ筋商品! 迷ったら↑がおすすめ!

 

3|基本的な引き方

ここでは女装初心者にオススメのリキッドタイプと、ペンシルタイプの引き方をご紹介します。

このどちらかを使う、または両方組み合わせて使うことで目をハッキリ、大きく見せることができます。

3-1.リキッドアイライナーの引き方

Step1.

リキッドアイライナーは、基本的に筆ペンと同じ使い方です。まずは筆の毛先がきちんと揃っているか見てみましょう。もしボサボサになっていたらうまくラインが引けません。リキッドアイライナーのキャップを使って、毛先を軽く整えます。

Step2.

目のキワと、上まぶたの間にラインを引いていきます。まぶたの一番高くなっている場所、中央部分から引いていきます。

慣れないうちは、なるべく細く細く引くようにして、ゆっくり引いていきます。

Step3.

目尻(目の端っこ)まで引いたら、最後は上に向かってややはねあげるようにして描きます。これをキャットラインと呼びます。

猫のようにつり上がった印象にすることで、より魅惑的な雰囲気になります。タレ目になりたいときは、逆に少しだけ下に向かって流します。

Step4.

上まぶたを斜め上に向かって少しだけ引っ張ると、目の周りの皮膚が伸びてラインが引きやすくなります。

Step5.

中央から目頭(鼻に近い方の目の端っこ)に向かっては、より細く、よりキワに埋め込ませるようにして引くと、自然な印象になります。

3-2.ペンシルアイライナーの引き方

Step1.

ペンシルアイライナーを使う場合は、まず先がきちんと研げているか確認します。

あまり尖りすぎていても描いた時痛いので、少し丸みが残っているくらいがちょうど良いです。ペンシルアイライナーを削るシャープナーも一緒に購入しておき、必要に応じて削ります。

Step2.

ペンシルアイライナーの場合もリキッドの場合と同様、中央から目尻、中央から目頭と2回に分けて、ゆっくりと目のキワを埋めるようにして描いていきましょう。

Step3.

まぶたを斜め上に引っ張り、まつげとの隙間を埋めるように、ペンシルで塗っていきます。

Step4.

ペンシルアイライナーの茶色は優しい印象になるので初心者にもオススメです。

より目を大きく見せたいときは、下まぶたと目のキワにも軽く引いても良いでしょう。

濃く塗りすぎると怖い印象になってしまうので、あくまで薄く塗るのがオススメです。

Step5.

ペンシルアイライナーは少し失敗しても、綿棒でボカすことで自然にごまかすことが可能です。間違えたと思っても、焦らず落ち着いて修正できます。

4|よくある失敗例

リキッドアイライナーにしてもペンシルアイライナーにしても、つい太く引きすぎてしまうことで、いかにも「厚化粧」といった印象になってしまいます。

リキッドは慣れるまでは練習が必要ですが、とにかく細く、細く描いていくことが大事です。

リキッドアイライナーの場合、手が震えた、太く描きすぎたなど、初心者のうちは失敗しやすいです。

失敗しないためには目を大きく開き、落ち着いてゆっくりとラインを描くのがポイントです。

5|うまく塗るコツ

アイライナーをうまく塗るコツは、ラインの太さをうまく調節しながら描くことです。

細い線を基本として慎重に描きながら、目尻に向かって少し力を入れ、やや太い線にしていくことで、キリリとしてぱっちりとした目元になれます。

6|うまくできない初心者にオススメのアイライナーはどれ?

アヴァンセのアイライナーは伸びがよく圧倒的に描きやすいのが特徴のため、初心者にも自信を持っておすすめできます。色は黒か茶色を選んでおけば困ることはないでしょう。

関連コンテンツ

-アイメイク

Copyright© 女装を初めてするキミへ――『女装男子部!』 , 2018 All Rights Reserved.