スキンケア

化粧水とは? なぜ必要かの理由から、正しい使い方・ポイント・方法・選び方を全てまとめました

更新日:

初めて女装をする時は、わからないことばかりだと思います。いったい何から始めたら良いのかわからない、と思う人も多いかもしれません。

けれど、焦らず一つ一つクリアしていけば、女装は上手くいきます。

まず始めにやるべきことは、スキンケアの基本、化粧水をつけることです。化粧水の正しい付け方、コツや注意点をご紹介します。

 

1|化粧水とは――化粧水は何の意味・目的があって付ける必要があるのか

そもそも化粧水とは何なのかと言うと、素肌に水分と美容成分を与え、整えて滑らかにする液体の化粧品のことです。

また、化粧水を付けることでメイクをしたあとにさらに肌が美しく見えるようになります。

化粧水は基本的に透明のサラッとした液体ですが、商品によっては保湿成分が高く、ややトロッとしたものもあります。自分の肌に合った化粧水を選びましょう。

あやは
トロッとしたものを「テクスチャがかたい」と表現するよ。
その逆に、水のようにさらさらしてるものを「テクスチャがゆるい」と言うよ。

 

化粧水を付けることによって肌への水分補給ができるため、潤いやハリが出て、その後のメイクが乗りやすくなります。

たとえばファンデーションを乗せた時に肌が乾燥していると、ファンデーションが肌の表面に浮いたようになってしまい、肌になじみません。

メイク乗りが悪いと、時間が経ってから肌が突っ張る感じになり、時にはひび割れができてしまうこともあります。

しづか
乾燥した肌にファンデーションを乗せても、うまくなじみません

 

メイクをするというのは、ただでさえ肌の毛穴を塞ぐもの。だからこそメイク前は肌をできる限り良い状態にしておく必要があるのです。そのための化粧水なのです。

スキンケア商品には化粧水のほか乳液、美容液、クリームなどがありますが、まず始めに付けるのが化粧水です。けれど化粧水だけでは、乾燥した肌や年齢を重ねた肌に潤いを与えるには不十分です。

化粧水はまずコンディションを整えるための、まき水のようなもの。料理で言えば前菜です。

ですから、美容液があれば化粧水はいらない、乳液があれば化粧水は不要と言うわけではありません。

あやは
全部そろって、一つのコース!

 

安いものでも良いので、ケチらずたっぷり使うことがポイントです。

 

2|化粧水はいつ・どのタイミングでつけたら良いのか?

では、化粧水はどのタイミングで付けるのが理想的なのでしょうか。

答えは、「洗顔後、できるだけすぐ」です。

 

メイクをする前には、洗顔やシャワーで顔についた汚れやホコリを落としましょう。化粧水を付けるのは、そうして素肌になったすぐ後です。時間を空けてはいけません。

なぜなら洗顔後の肌はバリアしてくれる皮脂などが全くない状態で、肌はとても乾燥しやすくなっています。

焦る必要はありませんが、洗顔後に化粧水をなるべく早く付けることで、肌に迅速な水分補給ができるのです。化粧水には、水分と同時に保湿成分が含まれているので、肌にしっかり浸透させることによって、肌がしっとりとなります。

しづか
優しく顔を洗った後に化粧水をなじませると、肌がモチモチッとしますね

 

上級者ポイント

普段からメイクをしている女性の中には、肌が乾燥するのを防ぐため、化粧水がミスト状になって出てくる小さなボトルを持ち歩き、メイクの上から軽くふりかけ、水分補給する人もいます。メイク後からでも付けられるタイプのものですね。

また、休日に素肌で過ごしている時などは、気がついたらいつでも水分補給、保湿できるように、部屋のあちこちに化粧水を置いておき、こまめに付ける人もいます。

素肌を美しく、潤いたっぷりに保つには、化粧水を付けることが欠かせないのです。

 

3|初めて化粧水を使う人に、おすすめなものはどれ?

安くて大量に使える、不動の人気商品。そのため初めて化粧水を使う人には最もオススメです。

他メーカーから類似品(パクリ……)が出てますが、評判が良いのはこのナチュリエの化粧水です。間違えないようにしましょう。

 

コットンも同時に!

化粧水を付ける際には、コットンを使用しましょう。

コットンを使用することでより肌になじみやすく、高い効果が得られます。

 

4|化粧水の付け方・塗り方の種類を公開! 化粧水を付ける際のコツや注意点とは

化粧水は付け方によっては十分な効果を発揮できないことがあります。そうならないために、正しい化粧水の付け方を身につけることが必要です。

化粧水の付け方には種類があるので、自分に合った方を選んでみてくださいね。

 

4-1.手でパッティング

手を使ってパッティングする方法です。パッティングというのは、顔を押さえるようにして化粧水をしっかり浸透させるように付ける方法です。

手を使ってパッティングすると、化粧水は手の皮膚にも染み込んでしまいます。そのため顔にもきちんと行き届くよう、化粧水はケチらずたっぷりと使用しましょう。

1.

まずは手のひらを洗って清潔にします。汚れやバイキンが手についていると、肌にもそれが影響します。手のひらに10円玉ほどの量の化粧水をとり、顔全体を覆うような感じで、化粧水を染み込ませるよう、押し込んで行くような感じでパッティングします。

顔のたるみを防ぐため、基本的に下から上に向かって化粧水を付けていきます。

注意点

叩かず、優しくタッチするのがポイントです。顔全体にしっとり感が出るまで、化粧水を足しながらこれを繰り返しましょう。

この時、顔をパチパチと叩くのは間違ったやり方です。顔に刺激を与えることで、肌にダメージを与えてしまいます。指の腹を使って、優しくプッシュするような感覚です。

 

2.

馴染んでいくまで少し時間をおき、2〜3回行うと十分しっとりします。

ただ、顔のテカリが気になるようなオイリータイプの肌質の人は、1回で十分です。その日の肌の調子(乾燥しているかベタついているか)によって判断しましょう。

頰やあご、鼻や目の周りなど、満遍なくしっかりと付けていきます。

ゆっくりと丁寧に、包み込むように手のひらで化粧水を浸透させていきましょう。これをパッティングプレスと言います。手のひらに肌がピタッと吸い付くような感じになれば完璧です。

 

4-2.コットンを使ってパッティング

コットンというのは、化粧水を付ける時に使う綿素材のふわふわとしたシートのようなものです。

コットンを使うことで、化粧水がより肌になじみやすくなります。可能な限りコットンを取り入れましょう。

コットンを使う時は、まずコットンの裏側までしっかりと濡れるくらい、化粧水をたっぷり染み込ませます。

利き手で濡れたコットンを持ち、頰やおでこなどの広い部分から、優しく拭くような感じでパッティングしていきます。ポンポンと軽く叩くような感じですが、刺激を与えないように気をつけましょう。

注意点

こするようにコットンで刺激するのはいけません。肌を傷つけ、赤ら顔や乾燥肌の原因になってしまいます。コットンに含まれる化粧水が足りなくなったら、同じコットンに化粧水を足してパッティングを続けることができます。

コットンを使う場合も手で付ける時と同じように、肌がしっとりとするまでパッティングします。

 

毛穴に最適! コットンパック

コットンパックと言って、コットンにしっかりと化粧水を染み込ませたものを、しばらく顔の上に乗せておく方法もあります。時間をかけて化粧水が肌の深層部まで浸透していくので、保湿効果をしっかり実感できるでしょう。

このコットンパックは、時間を置きすぎると今度は乾燥して肌の水分を奪ってしまうので注意が必要です。

あくまでコットンがしっかりと濡れた状態で、5分〜10分くらいで切り上げましょう。コットンを使うことで、清潔かつ満遍なく化粧水を付けることが可能です。

 

4-3.それぞれのパッティングの使い分け

手で化粧水を付ける方法と、コットンを使う方法、どちらが良いのか迷ってしまうと思います。

基本的にはコットン使いの方が肌に化粧水が浸透しやすいためおすすめですが、敏感肌の場合は手で付けた方が良いでしょう。

というのも、コットンを使うことで、いくら優しくパッティングしても、そこには摩擦が生まれやすくなってしまうためです。肌を擦ることでダメージを与える事になり、そこから乾燥、たるみなどの問題を引き起こしてしまうこともあるからです。

 

ポイント

どちらの場合も化粧水はケチらずたっぷり使うことがポイントです。

手のひらで肌に押し込むハンドプレス、そして安いもので良いので、化粧水はバシャバシャと惜しみなく使うことがポイントです。

 

コットンで高級化粧水を節約できる

ただ、化粧水の中には高価なものもあります。ブランドもの、年齢肌を若返らせる効果のあるエイジングケア化粧水などです。

そのような高い化粧水の場合、バシャバシャ大量に使うことはできないと思います。コットンに含ませ、丁寧に気になる箇所を中心に付けていきましょう。

 

コットンに安いものを選ぶと、化粧水を付けた時にケバ立ちやすく、使いにくいことがあります。ケバが出にくいタイプを選びましょう。高価な化粧水の場合、少しずつ使うことができるので、コットン代を払っても節約することにつながるのです。

 

5|化粧水をつけた後の注意点

化粧水を付けて、肌がしっとりとして整ったら、美容液や乳液などの次のスキンケアのステップへと進みます。

その時に注意したいのは、化粧水を付けてから少し時間を置き、肌に馴染んでいくのを待つことです。個人差はありますが、おおむね5分程度でしょうか。

 

時間を有効活用しよう

この間に何か他の身支度などをしても良いでしょう。化粧水が馴染むのを待たずに次の工程へと移ってしまうと、肌にしっかり浸透せず、かえって乾燥してしまうことがあります。

 

化粧水だけで終わらないで!

また、オイリー肌だからと言って化粧水のみでスキンケアを終わらせてしまうのは危険です。化粧水は、あくまで素肌に水分を補給する役割なので、化粧水を付けた後に乳液やクリームなどの油分で潤いを閉じ込める必要があるのです。

化粧水でたっぷりと水分を補ったら、肌に浸透していくまで少し時間を置き、それから次のスキンケアへと移っていきましょう。

 

6|女装男子のためのメンズスキンケア注意点

女装をする時は、ついメイクのことばかりに意識が集中しがちです。やってみたいメイクなどに気を取られ、スキンケアのことを怠ってしまいがちだと思います。確かにスキンケアというのは、少し面倒な作業です。

実は男性の肌というのは、女性のそれに比べて角質が厚く、ゴワゴワとしていることがほとんどです。脂の分泌量も多いため、化粧水などでスキンケアをせずにメイクをすると、ニキビや吹き出物、肌荒れの原因になってしまいます。

一度肌にトラブルが出ると、元どおりになるには時間がかかります。女装をする時だけでなく、できれば毎日のスキンケアを心がけましょう。そうする事で、メイクが上手く決まり、ファンデーションも綺麗に乗ります。

 

最後に

化粧水は、スキンケアの基本中の基本です。化粧水を正しく付けることでメイクの乗りが良くなるだけでなく、自分の肌に自信が持てるようになります。

女装した時肌が綺麗だと、振り向いてくれる人の数も増えること間違いなしです。化粧水を付けた後のスキンケアも、ぜひチェックしてみてくださいね。

 


女装のやり方をすべて教えます!

女装のやり方

女装のやり方を1つの記事にまとめました!

女装初心者の方、やってみたけどうまく行かない方は参考にしてくださいね。

女装の始め方を見に行く

 

リンクユニット

ほかに何が知りたい?

関連コンテンツ

ほかの記事も読む?

-スキンケア

Copyright© 女装を初めてするキミへ――『女装男子部!』 , 2018 All Rights Reserved.