スキンケア

保湿クリームの正しい使い方とは? 使うタイミングから、なぜ必要なのかまで詳しく教えます

更新日:

女装をする時は、メイクをした後の仕上がり、肌の状態が気になりますよね。もっと素肌を綺麗に見せたいと思ったら、保湿クリームで潤いを与えましょう。

クリームには様々な種類があるので、自分の肌に合ったものを正しく付けることで、肌は見違えるように変化します。ぜひ効果的にクリームで肌をケアしていきましょう。

 

1|フェイスクリーム(保湿クリーム)とは何なのか

肌に浸透させた化粧水や乳液、必要な皮脂などが蒸発してしまうのを防ぐためのものが、フェイスクリームです。

ほかに「スキンクリーム」「保湿クリーム」とも呼ばれています。

 

クリームってどんなの?

フェイスクリームは主に油分でできており、こってりとした見た目のテクスチャーです。クリームには、肌に必要な油分、栄養、美容成分が配合されており、肌に潤いを閉じ込めるためには欠かせないものです。

しづか
化粧水で補給した水分を、油分で閉じ込めるのが主な役割です

ハリや弾力を高め、肌が持っている力を引き出し、健康な若々しい肌へと導きます。肌の乾燥を防ぎ、シワやたるみ、肌荒れなどの肌トラブルから守ってくれる効果もあります。

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど、肌の保水力をアップさせてくれる成分も配合されているため、付けることで潤いたっぷりの肌になれるのです。

 

2|なぜ、保湿クリームが必要なのか

乳液とクリームはどちらかで良い、と考えている人もいますが、保湿クリームはスキンケアの「締め」のようなものなので、美肌を目指すなら必要です。

しづか
手を抜けば、その分「美」から遠ざかってしまいます……

 

また、慣れないメイクで肌荒れしてしまった、敏感肌という人でも、自分の肌に合ったクリームで、しっかりケアすることで改善していくことができます。

クリームを付けることで、肌にとって必要な美容成分をしっかりと取り入れることができます。

乳液で保湿した後の肌にクリームをほんの少し付けるだけで、日に日に美肌へと変化していくのです。

 

クリームの持つ、保湿以外の役割

スキンケアの最後に使うクリームは、外から受ける刺激から肌をバリアしてくれる、「バリア機能」の役割も担ってくれます。

クリームには保湿や美白、シワやたるみに効果的なものなど、様々な種類があり、こってりしたテクスチャーのものから、さっぱりしたジェルタイプもあります。そのため、自分の肌トラブル、改善したいポイントに合ったクリームが、必ず見つかると思います。

 

3|保湿クリームの種類とそれぞれの効果とは

クリームを付ける時は、まずどんな種類のクリームがあるかを知っておきましょう。メイクをする上でも、自分にぴったりのクリームを持っていることで、肌に自信が持てると思います。

 

3-1.保湿クリーム

化粧水や美容液、乳液で与えた保湿成分が蒸発して逃げてしまわないため、フタをするのが保湿クリームです。

しづか
せっかく化粧水で水分を与えても、クリームでフタをしないと逃げていくので注意しましょう

保湿クリームには、肌の潤いを守るのに必要な、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されており、肌をしっとりと保ちます。柔らかい保湿クリームは、肌にダメージを与えることなく優しく塗り、ケアすることができます。

そのため肌が荒れている時、化粧水がしみてしまう時でも、保湿クリームなら優しくケアすることができるのです。デリケートな肌、敏感肌には欠かせないアイテムです。

 

3-2.美容クリーム

毛穴の開き、年齢によるシワやたるみ、小じわなど、肌のコンプレックスを改善するためには、美容クリームが効果的です。

美容クリームは、肌の悩みに合わせて配合されている成分が違っており、セラミド、アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、肌に必要な栄養素がたっぷり配合されています。付けることでコンプレックス、悩みが改善されていくのを実感できるでしょう。

美白ケアができる美容クリームには、ビタミンC誘導体など、美白に効果的な成分が含まれています。肌にもっと自信を持ちたい時、美白美容クリームで、透明感のある理想の肌を目指すことができるでしょう。

 

3-3.アイクリーム

アイクリームというのは、目元のケア専用のクリームのことです。小さなチューブに入っていることが多いです。

女装メイクでも、最も力を入れるのが目元だと思いますが、実は目元の皮膚はサランラップほどの薄さしかなく、非常にデリケートな部分なのです。皮脂の分泌も少ないためシワができやすく、メイクをする時にこすったりすることで、さらに老化を早めてしまうこともあります。

目元ケア専用のアイクリームを付けることで、目元を乾燥から守り、保湿することができます。通常の保湿クリームと並行して使用することが多いです。

目元だけアイクリームを使って、特別なアイケアを行うことによって、より輝く目元を手に入れることができるのです。シワのない潤いのある目元を保つことで、メイクもバッチリ決まります。

 

4|保湿クリームを付けるタイミング

クリームを付けるタイミングは、化粧水、美容液、乳液、その後です。クリームは常に、スキンケアの仕上げ、最後の順番になります。

与えた水分や栄養、美容成分をしっかりと閉じ込め、さらに潤いを与えるのです。乳液を付けたあとは、しっかりと肌に馴染むまで2、3分置き、それからクリームを付けるようにしましょう。

だからと言って乳液から時間を置きすぎると、すっかり乾燥してしまう場合があります。乾いてしまう前に、クリームでフタをするようにします。

 

5|保湿クリームの付け方とコツ

クリームを付ける量は、基本的にそれぞれのクリームに説明書が付いているので、それに従いましょう。化粧品のブランドごとに量は違うので、注意が必要です。

Step1.

清潔な指で、パール(真珠)大くらいの量のクリームを取ります。

Step2.

手のひらの上に乗せ、少し温めてから付けるとより効果的です。クリームが柔らかくなり、顔にも塗りやすくなります。

Step3.

両頰、額、あごの4点に少しずつクリームを乗せます。それを、両手を使って優しく伸ばしていきます。顔の中央から外に向かって塗り広げていきましょう。

Step4.

仕上げに両手で顔を包み込むようにしてしっかりなじませます。

 

6|保湿クリームを使用する際の注意点

クリームを付ける時は、付ける量に気をつけましょう。クリームはこってりとした油分なので、ほんの少しでも十分に効果があります。付けすぎるとニキビなどの原因になります。クリームを塗り広げる時は、優しく、薄く塗るようにしましょう。

また、クリームには美容成分が濃縮されているので、ごく稀に肌に合わず肌荒れを起こすこともあります。肌荒れなどのトラブルが起こったら、肌に合っていないということなので、すぐに使用するのを中止しましょう。

 

7|ハンドプレスとは

スキンケアを行う時、両手でしっかりと、クリームなどの化粧品を肌に押し込んでいく方法を、ハンドプレスと言います。

ハンドプレスは、手の温かさを利用して美容成分をより効果的に、肌の奥まで届ける方法です。手で包み込むように頰を抑え、美容成分や保湿成分を押し込み、しっかり浸透させることが大切です。

特別な道具を使うことなく、スキンケアの効果をアップさせることができるので、ぜひクリームを付けた後には、ハンドプレスで締めくくってみてはいかがでしょうか。

 

最後に

スキンケアの最後のプロセスであるクリームは、肌をしっとりさせるだけでなく、5年先、10年先の肌まで若々しく保ってくれる役割があります。

自分の肌の悩みに合わせてクリームを選び、それを付けることで、肌を常に綺麗に保てるという安心感が持てると思います。

ぜひ自分にぴったりのクリームを見つけて、毎日のスキンケアの仕上げに使っていきましょう。より自信の持てる素肌になり、メイクがもっと楽しくなるはずです。

 

 


女装のやり方をすべて教えます!

女装のやり方

女装のやり方を1つの記事にまとめました!

女装初心者の方、やってみたけどうまく行かない方は参考にしてくださいね。

女装の始め方を見に行く

 

リンクユニット

ほかに何が知りたい?

関連コンテンツ

ほかの記事も読む?

-スキンケア

Copyright© 女装を初めてするキミへ――『女装男子部!』 , 2018 All Rights Reserved.